自転車のいつ

電動自転車の充電はいつするの?知らないと損する充電の仕方!

投稿日:2017年5月26日 更新日:

電動自転車のバッテリーはいつ充電するの?2

坂道でもらくらくの電動アシスト自転車、一度乗ったらもう普通の自転車に乗れなくなるくらい便利な乗り物ですよね。
子供乗せは、もちろんですが最近では、スポーツ車タイプの電動自転車もあって
用途に応じて選べるようになりました。

しかし、インターネットで購入したり、ホームセンターであったりで
購入時にきちんと説明を受けずに購入される方も多いのではないでしょうか?
誤った使い方をすると、バッテリーを早くダメにしてしまいます。

いつ充電するのがいいのか?

アシストバッテリー表記

バッテリーは高価な物です。
電動アシスト自転車の価格の半分近くは、バッテリーの金額といって
いいのではないでしょうか。
今は、ほとんどのバッテリーはリチウムイオンバッテリーを使用しています。
このバッテリーの寿命は、充電回数によって決まっています。

充電回数はバッテリーのAh数によって変わってきますので、お使いのバッテリーを
ご確認下さい。

充電のタイミングですが、継ぎ足し充電はバッテリーを早くダメにしてしまいます。
携帯電話の充電同様に、無くなってから充電が好ましいです。
無くなってからフル充電

少し乗って充電、少し乗って充電これは、いちばんよくありません。

しかし、出先で充電が切れてしまったりしては、せっかくの電動アシスト自転車が
台無しになってしまいます。

ですので、おおよそ電池の残りが、20~30%ぐらいになったら充電をしましょう。
最近では、手元スイッチにデジタルで表示される物が増えています。
アシストスイッチ

もし古いタイプであったり、デジタル表記が無いタイプの場合は
目盛のゲージが1目盛になったら充電で良いと思います。

アシストスイッチ2

ひとつ気を付けなければならないのが、完全にバッテリーが0の状態まで
使い切ってしまうと次に充電した時にエラーが出てしまう事があります。
なので、20~30%くらいでの充電をお勧めします。

追記
電動アシスト自転車をお使いの際、もちろん道路状況にもよりますが、
自転車についているギア(一般車は3段ギア)を3段(1番重たいギア)を
使っての走行はあまりお勧めできません。
重たいギアでの走行は、バッテリーの消費が早くなってしまいます
少し物足りないかもしれませんが、1か2のギアでの走行をお勧めします。
1か2のギアで、後は手元スイッチのモード切替で調整が良いと思います。

以上の事で、バッテリーの寿命を延ばすことができます。

自転車は、有酸素運動に最適ですしダイエットにも繋がります。
正しく使って、楽しい自転車ライフを・・・。

ロードバイクの購入をご検討なら

子供用自転車で迷われているなら

 

 

-自転車のいつ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事