生活・ライフスタイル

香典返しいつ贈る?マナーと気になる相場は?

投稿日:

香典返しは、お通夜や葬儀に故人にお供え頂いた香典へのお返しになります。

通常、葬儀当日やお斎の席で、会葬御礼とともに香典返しを贈り(返礼品)、持ち帰っていただきます(当日返し・即日返し)。
この場合には、一律の香典返しをお返しし、高額の香典をいただいた方へは後日改めて、それにふさわしい品物をお贈りしたりします。

香典返しいつ贈る

高額の香典を頂いた方への香典返しはいつ贈る?

香典が高額で用意した返礼品では不十分な場合は、忌明け後に改めて返礼品を贈ることが一般的です。

弔事を滞りなく終えたこととお礼を伝える為に贈る物でもあります。
ですので、

四十九日を過ぎた後、「忌が明けて」から贈ります。

喪主が直接持参し、挨拶と共に贈る物ですが、現在では挨拶状と共に配送するのが通例のようですね。

四十九日の法要へ参列された方にお渡しすると考えられる方もいらっしゃいますが
四十九日法要は、忌明けの大切な儀式ですので、香典返しは後日、挨拶状と共に
配送するか直接持参し伺った方がよろしいかと思います。

四十九日法要に参列される方々もその際、お香典を持参される事が多いかと思います。
この時のお返しは、また別に考えていた方がいいですね。

あくまで、葬儀の際の香典返しですので、四十九日法要から一か月以内を目処に行います。

香典返しいつ

香典返しの金額の目安

通常、葬儀に参列された方々への香典返しは、持ち帰って頂いていると思います。
いわゆる当日返しですが、この場合は金額に関係なく全ての方に同じ品物をお渡しします。

郵送で、お香典を頂いた際の香典返しの金額は、香典の3分の1から半分程度が一般的ですね。

問題なのは、高額なお香典を頂いた時です。
親族や身内が高額のお香典を包むときは扶助の気持ちである場合が多いので、お返しの金額にこだわる必要はありませんが、一般的には「半返し」と言われています。

高額のお香典を頂いたら

香典が高額で用意した返礼品では不十分な場合は、忌明け後に改めて返礼品を贈ることが一般的です。
品物は「香典の半額」から「当日お渡しした品物の額」を差し引いた金額を目安に選ぶと良いと思います。

何を贈ったらいいのか、一般的には消耗品を贈る方が多いようですね。
タオルやタオルケットなどが多いようですが、最近では贈られた方が自身で選べる
カタログギフトなどが人気のようです。

香典返し・法要引出物カタログギフト

関連サイト 喪中のはがきを出す時期とマナー

 

-生活・ライフスタイル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

いつ見るのが初夢初夢

いつ見るのが初夢?意外と知らない本当の初夢、縁起のいい初夢は?

2017年冬休みはいつから?

2017年九州地方の冬休みいつ?今年の期間は?

クリスマスカード

クリスマスカードいつ送ればいい?タイミングとマナー

冬のビックチャンスくじいつ発売

冬のビックチャンスくじはいつ発売?発売情報と当選確率!

2018年春分の日

春分の日はいつ?何をする日?毎年変わるの?